荒野
に叫ぶ
ここにご紹介させていただくものは
生きるために書かなければいられなかったものです。
荒野に向かっての叫びのようなものです。
最後にご紹介する 『人類に質問』 を除いては
10年以上の歳月をかけて、完成?に至っています。
僕の書いたものは小説などと呼ばれたくありません。
小説家の方から見れば、小説などとは呼びたくない
ものかもしれません。実際、今まで一度だって
小説家になりたいなどと思ったことはありません。
自分の書いたものをなんと呼んだらいいのかわからないので
取り敢えず「叫び」と呼ばせていただきます。
かぼそい叫びですが
静かな部屋で
 耳をすまして
   聴きとって
     ください
        
         
          
            enter