閉鎖しました。 m_ _m



2002年1月14日からYahoo! さんの掲示板を借りて始めた 『全ての疑問を解く鍵は自分!?
は、2005年1月1日を持ちまして閉鎖させていただきました。
この三年の間に、50人以上の方が書き込みに参加してくださいました。
書き込みはされなくても、ちょっと覗いてくださった方は、何百人にも何千人にも及ぶと想像します。

この掲示板を通して出会った方々からは、たくさんの貴重な勉強をさせていただきました。
そしてまた、この掲示板から、二つのホームページ↓

僕は健康だよ。 ただ、ちょっと‥‥
世界平和への扉(分身主義への誘い)

と、三つの作品

『人類の育てた果実』
『分身主義宣言!』
『バラ色の素粒子』

が生まれました。

分身主義が生まれたのもこの掲示板です。

これらは、この掲示板に書き込みされたみなさんや、飽くなき探究心と忍耐力で科学をここまで
育て上げた科学者と呼ばれる方たちの総力によって生まれたものです。

僕は、媒体です。
あなたも‥‥。

もちろん科学者と呼ばれる方々も‥‥。

この掲示板を閉めるに当たって、一つだけ覚えておいて欲しい言葉があります。
僕たちは、自分を取り巻く環境の媒体であるという言葉です。
そして、僕は媒体であると共に、僕の周りの全てのものを取り巻く環境の一部です。
あなたも媒体であると共に、あなたの周りの全てのものを取り巻く環境の一部です。
これが、この掲示板 『全ての疑問を解く鍵は自分!?』 の到達した答えです。

僕たちは自分の意志で喋ったり行動をしたりしていたのではなく、僕たちを取り巻く環境が
僕たちの脳に浮かび上がらせた 「意志」 と呼ばれるものによって、僕たちは喋ったり行動したり
させられていたのです。

それは次のように簡略化して言うことができます。
実は、僕たちを取り巻く環境が、僕たちを媒体として喋ったり行動をしたりしていたんだ‥‥と。

あなたも、いつの日か、僕たちは媒体であり環境であるという言葉の本当の意味が
電撃的に理解される時が来るかもしれません。
その時、あなたが生きてきた中で、あなたの魂に付着した恐怖の観念や数々の怒りや、嫉妬や
羨望や恨みや執着や、あらゆる不浄なものが、きれいに洗い流されるような体験をされるでしょう。
この僕がそうであったように。
その時、あなたも分身主義者へ一歩踏み出したことの喜びを、実感してくださることでしょう。

さて、 僕を取り巻く環境が僕を媒体として、2003年5月13日に産み落としたものが分身主義
です。

この分身主義が、世界中の人の脳に上書きされたピュアな環境が築かれれば、今まで人類が
望んでも決して叶えられなかった平和な世界は、向こうから笑顔で両手を広げてやってきて
くれるはずです。
そのことを何とか一人にでも伝えたいという気持ちに取りつかれて、最後の方は掲示板を継続させ
ていましたが、どうやら掲示板というメディアを使って僕自身の口から分身主義を語るのは、
あまり良い結果を生まないということに気づきました。
分身主義を語る僕と、掲示板に書き込みされる方々との間には、視点の違いがあるのですが、
その方たちは、どうしても自分の視点を変えてみようとはしてくださらないからです。

何故なら掲示板とは、人が自分の存在証明や存在確認として、足跡を残すために利用するための
遊び場だからです。
あるいは、現実の社会生活に適応して生きていくために日頃おさえつけている暴力性や、非論理性
を匿名性の力を借りて、存分に発露できる遊び場だからです。
自分中心、あるいは人間中心的な感覚を存分に発揮できる理想の遊び場で、人は、分身主義の
視点(自然界中心のこの上なく謙虚な感覚)を受け入れてみようなどとは断じて思わないからです。

そして、そのような感覚の方には、分身主義が僕自身の口から語られると、なんだか批判的で、
押し付けがましくて、偉そうで、高慢ちきなものに変容してしまうようです。
分身主義は、僕の口から語られる間は誰にも正確に伝わらないだろう‥‥というのが、掲示板を
経験した僕の正直な実感です。

でも、最後まで理解を示してくださらなかった方も、僕たちは、自分を取り巻く環境の媒体である
という言葉の深い意味を、いつか理解してくださる時が来るかもしれません。
この感覚が、世界平和にはどうしても必要であるという意味を理解してくださるかもしれません。

いつか、僕の口ではなくあなたの口を通して分身主義が語られる日が来るのを願っています。
あなたこそ、僕にはできなかった壁を乗り越えて、この世界を平和に導いてくださる方かもしれませ
ん。
もし、あなたを取り巻く環境が、真にあなたにそれを望むのであるならば‥‥。

今、まだ見ぬ、未来の分身主義の語り手というあなたという分身さんのために、「分身主義」の語り手と
してはまだまだ未熟な僕は、ホームページ作りやメルマガ発行などを通して、もっともっと勉強をして、
科学時代を生きる人類の獲得したこの素晴らしい分身主義を深めておきたいと思うのです。

ちなみに、「分身主義」のゴールは、世界中の人が一つになった時です。

つまり、そこではもはや僕たちは一人一人の分身ではなくて、全身が姿を現した時のことです。
だから、もうその時は「分身主義」という言葉が不要になり、その言葉自体がこの世界から消えていること
になります。

僕という分身が果たせなかった夢を、あなたというこの宇宙の分身さんが叶えてくださることを願って、
この掲示板を閉鎖させていただきます。

三年間、本当に、ありがとうございました。


                                     徳永真亜基‥‥分身